10月17日:化学物質の有害影響を最小化する2020年目標は本当に達成できるか?担当省庁に聞く

2013年10月17日 開催

開催案内

 

2020年はオリンピックだけじゃない! 化学物質の有害影響を最小化する2020年目標実現のための化学物質管理についての連続学習会(地球環境基金助成事業)

2020年目標は本当に達成できるか?担当省庁に聞く

日時   20131017() 午後0:001:30

場所 参議院議員会館地下 B103号室

東京都千代田区永田町2丁目1-1

東京メトロ永田町駅1番出口徒歩4分、国会議事堂前駅3番出口徒歩7分)

世界では、2020年までに化学物質による人の健康被害と環境影響を最小化するという2020年目標に向けて、各国政府が化学物質規制・管理体制の見直しを始めています。2020年目標は、2002年のヨハネスブルグサミットで決議され、2006年のSAICM(国際化学物質管理に関する戦略的アプローチ)の世界行動計画が進められる中で、日本も昨年国内実施計画を作成しました。2020年までに、世界各国の人が安心して東京オリンピックを訪れることができるように、化学物質の安全性や放射能汚染問題を解決しなければいけません。そこで、日本の化学物質管理の見直しの現状を各省庁から説明を受ける学習会を連続して開催することにしました。第1回目が経済産業省と環境省の担当者からのお話をお伺いします。

スケジュール予定

12:00~12:05 開会あいさつ

12:05~12:30 経済産業省からの報告

12:30~12:55 環境省からの報告

12:55~13:25質疑応答と意見交換

13:25~13:30 閉会あいさつ

参加人数把握のため、ご参加希望の方はファクス(03-5368-2736)かメール(kokumin-kaigi.syd.odn.ne.jp)でご連絡下さい。
主催:NPO法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議(JEPA)
  連絡先:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4階 JEPA Tel.03-5368-2735
Fax.03-5368-2736 Homepage: www.kokumin-kaigi.org
Email: kokumin-kaigi@syd.odn.ne.jp