10月22日:市民のための化学の基礎講座 第4回 放射能の化学

2016年10月22日 開催

開催案内

 

Tウオッチ連続講座市民のための化学の基礎講座-有害化学物質って何?
4回 放射能の化学  -汚染の危険性-

日時 1024(土〉午後130分~430
会場 全水道会館5階 中会議室
(東京都文京区本郷1-4-1   03-3816-4196)
全水道会館

JR水道橋駅 御茶ノ水寄り下車2分
都営地下鉄三田線 水道橋駅A1出口1分

講師 槌田博氏(生活クラブ生協連合会品質管理部長)

この世のあらゆるものが化学物質で構成されています。有害性がある化学物質の特性を知り、増え続けている化学物質被害や、化学物質とのつきあい方などについて学ぶ講座です。

第4回目は、原子力開発とそれに伴って出てくる放射性物質の特徴と放出される放射線の破壊力、被ばくによる影響について勉強します。

① ウラン鉱石を原発の燃料棒に加工するまでの化学。ウラン鉱山や核燃料工場周辺の環境汚染を一覧。

② 核分裂がどう起き核燃料が使用済み燃料にどう変わるのか、化学の知識を援用しながら、核物理学に踏み込みこんで学びます。燃料のウランの放射能と核分裂物質の放射能の量を比べてみましょう。

③ 使用済み燃料に含まれる核分裂物質(死の灰)に含まれる放射性核種、そのうち問題が大きいものの化学的性質に即した対応方法について学びます。

④ 放射性核種から出る放射線について、その破壊力と被ばくの影響について学びます。発がん性のある有害化学物質の許容濃度と放射線の許容量を比較してみましょう。

⑤ 原爆の構造と原爆に使用される核燃料(兵器級核燃料)と原発に使用される核燃料の違いを学びます。

⑥ 核兵器の原料になる兵器級プルトニウムを生産する原子炉について学び、日本国内で核兵器の開発能力が着々と習得されていることについて考察しましょう。

●主 催 特定非営利活動法人有害化学物質削減ネットワーク(Tウオッチ)
●協 賛 水情報センター
●受講資料代 各回会員 500円 一般 1000円
●事前申込み制 準備の都合上、参加希望者は住所、氏名、連絡先、所属等明記の上Fax又はメールでお申し込みください。
第4回講座の申し込みは10月21日(金)までにお願い致します。
●申込み、問い合わせ先 特定非営利活動法人有害化学物質削減ネットワーク 事務局(井上)
電話03-5627-7520 Fax 03-5627-7540
メール info@toxwatch.net

本講座は地球環境基金の助成を受けています。

Tウオッチ連続講座Ⅱの開催趣旨と日程
 昨年の総会記念シンポジウムでは基調講演に宮本憲一先生を招き、「戦後日本公害の歴史と教訓」についてのお話を伺いました。 その中で、宮本先生が「歴史は未来の道標」と提言されたことを受けて、Tウオッチは、「歴史に学ぶ、くらしの安全講座(I)」と題する5回連続講座を開催しました。そして、現状の身の回りに満ちる有害物について学びながら、くらしの安全と安心とは何か考えるための基礎を築くことができました。 この5月29日、第12回総会記念シンポジウムでは、「過去の重大化学物質事件から何を学ぶか~森永ヒ素ミルク、カネミ油症、ボパール事故にみるリスクの継続~」という課題で、中地重晴氏(熊本学園大学教授・Tウオッチ理事長)、中島貴子氏(立教大学兼任講師、科学技術社会論)、宇田和子氏(福岡工業大学社会環境学部助教、環境社会学)、藤川賢氏(明治学院大学社会学部教授、環境社会学)、寺田良一氏(明治大学文学部教授・Tウオッチ理事)が問題提起と討論を行い、過去の壮絶な公害被害者が今なお打ち捨てられており、まだ救われていない現状が報告され、引き続き支援が必要なことと、二度と再び公害を起こさないようにすることの重要性を再認識しました。

 そこで、今年度のTウオッチ連続講座では、市民自身が有害化学物質の基礎的な知識を確実にするための講座を企画しました。講座は、「市民のための」連続講座なので、難解な専門用語は避け、中学校の理科レベルの知識と社会常識で理解できるように工夫することを講師の皆さんにお願いしています。

 また、途中に実験や動画など体験的な学習をはさみ、最後には参加者でお互いに話し合いをする時間も設けて、参加者が机上の知識で終わらない実践的な知恵を獲得する工夫もしていただきます。

日程

日付

テーマ

講師

7月23日(土)
終了しました

重金属の化学

中地重晴氏

熊本学園大学教授水俣学研究センター事務局長

8月20日(土)
終了しました

洗剤の化学

高田秀重氏

東京農工大学教授

9月24日(土)
終了しました

殺虫剤の化学

田坂興亜氏

アジア学院・元校長・現理事
元国際基督教大学教授

10月22日(土)
13:30~16:30

放射能の化学

槌田博氏

生活クラブ生協連合会品質管理部長

11月12日(土)
13:30~16:30

環境ホルモンの化学

井口泰泉氏

横浜市立大学理学部教授

講座の記録作成 講座を記録し、後々まで有効活用するために、講座の動画撮影と当日資料の冊子化およびWeb公開について、ご協カをお顧いします。

参加申込、お問合せ先  特定非営利活動法人有害化学物質削減ネットワーク

〒136-0031 東京都江東区亀戸7-10-1Zビル4階

TEL 03-5627-7520 FAX 03-5627-7540

メールinfo@toxwatchnet

会員募集はこちら