1月25日:講演会 オーフス条約とPRTR

2016年1月25日 開催

開催案内

 

講演会 オーフス条約とPRTR

日時   2016125() 18:0020:00
場所 弁護士会館10階 1002号室

東京都千代田区霞が関1-1-3

地下鉄 霞ヶ関駅 日比谷公園側徒歩0分

講師 相澤寛史(あいざわひろし) さん 元OECD職員

環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の①情報へのアクセス権、②意思決定に参加する権利、③司法アクセス権(訴訟の権利)です。

PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出移動登録)とは、有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組みです。PRTRは、オーフス条約の柱の一つである市民の情報へのアクセス権を保障するための重要な制度であり、国連欧州経済委員会(UNECE)はオーフス条約に基づきPRTR議定書を採択しました。

OECDで化学物質政策を担当していた相澤氏を講師に迎え、国際的な文脈の中でのPRTRの位置づけ、日本のPRTRとの比較等を行い、日本におけるPRTRの活用方法についての議論を行います。

●主 催 オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク(オーフス・ネット)
共催 グリーンアクセスプロジェクト、第二東京弁護士会環境法研究会、特定非営利活動法人有害化学物質削減ネットワーク(Tウオッチ)
●参加費 無料
●事前申込み 不要
●お問い合わせ オーフス・ネット事務局 粟谷 E-mail jimukyoku@aarhusjapan.org

 

会員募集はこちら