2008年度大気への排出worst20事業所

大気への排出量worst20事業所(2008年度)

2008年(平成20)年度の事業所からの大気への届出排出量上位10物質の中から上位4物質と、人に対して発がん性のある特定第一種指定化学物質のうち6価クロム、ダイオキシンについて上位20事業所の数値を比較対象できるようグラフで表示しました。

1 トルエン 82 千トン
2 キシレン 38 千トン
3 塩化メチレン 15 千トン
4 エチルベンゼン 15 千トン
5 二硫化炭素 4 千トン
6 トリクロロエチレン 3.7 千トン
7 N,N-ジメチルホルムアルデヒド 3.4 千トン
8 スチレン 2.4 千トン
9 塩化メチル 1.6 千トン
10 テトラクロロエチレン 1.2 千トン
6価クロム 1.4 千kg
ダイオキシン 148 千mg-TEQ/年
全物質の合計 179 千トン

■上位4物質の有害性  PRTR市民ガイドブック36p注意 これらの有害化学物質が人の健康や環境へ与える影響は、排出量だけでは判断することはできません。 ①化学物質の有害性の程度、②環境中に分布している仕方、③環境中から人や動植物へどのように取り込まれるのか、これらを総合的に判断する必要があります。

会員募集はこちら