エコケミストリー研究会

エコケミストリー研究会

エコケミストリー研究会では、横浜国立大学環境安全管理学研究室と共同で、全国のPRTR関連データを解析、加工し、ウェブサイト上で分かりやすく情報提供しています。

 

エコケミストリー研究会のホームページでできること

http://www.ecochemi.jp/

●あなたの知りたい地域について、354対象物質の排出状況や農薬使用の状況、人および魚等の生物への悪影響の可能性(潜在危険度)の大きさの市区町村分布や潜在危険度の大きな物質のリストなどが分かります。

●あなたの知りたい物質について、都道府県別または市区町村別の排出量や農薬としての使用状況、大気や水域を管理するための参考濃度と毒性の強さの係数(毒性重み付け係数)、あるいは人に対する発がん性や生殖毒性、アレルギー誘発性(感作性)についての情報の確からしさ、および様々な性質(物性)や主な用途などが分かります。

 

皆さんの関係する地域で、どのような物質の排出量や使用量を優先して減らしたらよいのか、他の地域に比べてどのような状況か、アスベスト、合成洗剤のLAS、農薬のDDVPなど、関心のある有害物質が、何に使われ、どこから、どのくらい出されているのかがすぐに分かり、身近な環境から有害物質を効果的に減らすための話し合いや対策を進めることができます。

会員募集はこちら